「逃げ恥」を観て考える、家事と言う仕事。

こんにちは!

片づけがめちゃめちゃ苦手!
めんどくさがりやなズボラさんの暮らしをサポート!
ADHD暮らしコンサルタント
ライフオーガナイザーのおくつひろこです。

新垣結衣の恋ダンスが可愛くて、
「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマを見ています。

家事労働力が欲しい男と、家事が好きな女のマッチング。
雇用主である夫と労働者である妻の間に給与が発生する契約結婚、のお話し。

最初、ビジネスライクに始まる契約結婚だけど、
お互い意識し始めて・・・、というラブコメです♡

最初から意識してるでしょ!って感じますけどね。
じれったい恋を楽しんでいます(^^)

それとは別に、ライフオーガナイザーとしては、
新垣結衣演じる、みくりちゃんの家事仕事が気になる!

掃除は丁寧で、お料理も美味しそうで、素晴らしい主婦っぷりだなぁと見惚れています。

段々家事仕事の描写がなくなってきてるので、私的には少し寂しいのですが・・・。
みくりちゃんのお掃除7つ道具の中身を知りたい・・・!

💡「逃げ恥」を観ながら、自分の家事仕事を振り返りました。

私の場合、家事仕事をお給料が発生する「仕事」として捉えると、
そこには、「お金をいただくのだから。」という責任感が生じ、丁寧になりそう。

「仕事」だから、手間を省いたり、手を抜いたりの効率を追求しても、
丁寧さは残る。

振り返って、私はと言うと、もちろん、「契約結婚」ではなく、
「普通の結婚」であって、その場合の家事仕事にはお給料は発生しない。

家事仕事を「仕事」として捉えていないせいか、
「雑だなぁ、私の家事仕事。」
と思ってしまいました。

お給料をいただく「仕事」に比べて、主婦の家事仕事は、
その時の気分で、その質が大きく変わるように思います。

それって、どうなんだろう?

目に見えて報酬をもらっていたら、もうちょっと丁寧にやる?
ちゃんとやろうと自分を律する?
責任を感じる?

逆に、報酬をもらってないから、平気で雑な仕事をするのかしら?

丁寧に家事をやるって、家族への愛情でもある。

 

夫は機嫌悪くても、少々体調が悪くても仕事行って稼いでいるのだから、
私もちょっと機嫌が悪くても、体調が悪くても、家事仕事がんばろう!

毎日毎日「愛情」を意識するのって私にはできそうにないので、
お給料もらってるつもりで、丁寧にやってみようと思います。

家事を丁寧にやりたいんだけどね・・・、ってお悩みの方が多いと思いますが、
丁寧にやる「やる気スイッチ」はひとそれぞれ違います。

あなたの「やる気スイッチ」は何ですか?

*ADHDタイプの方は、それ以前に家事仕事が向いていません。
家事労働提供者ではなく、雇用主に慣れると、幸せなんですけどね~(^^)

 

それにしても、新垣結衣が可愛い!

 

「いい加減に片づけなさ~~~い!」って叫ぶのをいい加減にやめたいと思っている
『ママのための、子どもが”片づけられるようになる”講座』やります!【日時】:2016年11月10日(木)10:00~12:00
【場所】:サロンMilkyWay 「西千葉」駅徒歩5分当日サロンMilkyWayでは、ゆるカフェが開催されています。
そちらでランチもご一緒出来ますよ(^^)/詳しくはこちらから>>>

 

【お片づけ倶楽部・新規メンバー募集中!】
詳しくはこちらから>>>

 

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
ポチッと応援、よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

ありがとうございました♡

 

今までアメブロでブログを書いていましたが、
こちらに引っ越しです。
過去の記事を読みたい方は、こちらへ

関連記事

Comment





Comment