今年の目標!習慣を変えていこう!

こんにちは!

片づけがめちゃめちゃ苦手!
めんどくさがりやなズボラさんの暮らしをサポート!
ADHD暮らしコンサルタント
ライフオーガナイザーのおくつひろこです。

あけましておめでとうございます!

本年も、よろしくお願いいたします。

三が日も過ぎて、ホッとしています。
日常が戻ってきました!

そこで、今年の目標をしっかり立てることに。
やりたいこと、達成したいことがたくさんあるので整理しました。

一度に全部やろうとすると、無理があります。
いつ、何に挑戦するのか、取り組んでいくのか、計画を立てていきます。

目標は、あくまでも目的を満たすために立てるモノだから、そこからぶれないようにすることが大切。

私の人生の目的から、目標がずれていないか確認しながら、目標を立てる。
以前は素敵な誰かの真似をしたような目標になっていましたが、
「これが私のやりたいこと!」と胸を張って言える目標になってきました!

そして、その目標の内容は、日々の習慣を変えていく内容になっています。

実は昨年から取り組んでいるのですが、
習慣を変えようとすると、抵抗勢力の力がすごい!

これに立ち向かう方法が色々あるのですが、
今年はこれを自ら実践していこうと思っています。

1つのテクニックとして、「ハードルを下げる」というのがあるので紹介しますね。

例えば、ウォーキング。
ちまたではよく1日1万歩を歩くと健康に良いと言われています。

完璧主義者は、1万歩歩けないんだったら、やっても意味がない。
1万歩あるける時間を確保できないと、やらない! となりがちです。

確かに、1万歩を歩けるといいんだけど、1万歩を歩けないからと言って、ほとんど歩かない方が良くないですよね。
毎日ちょっとでも歩いた方が良いに決まっています。

そこでね、3,000歩とか、5,000歩とかに、目標を下げます。

電車に乗って出かけたら、3,000歩はあっという間にクリア!
電車で出かけない日も、買い物を自転車じゃなくて徒歩に替えたらあっという間にクリアです。

目標を下げて、毎日クリアできるようになったら数値を上げていく。

最初のとっかかりを楽に、簡単にしていく。

これ、目標に近づくためにもよく言われていることだし、
習慣を変えるときにも大切なことです。

ウォーキング、実はこれ、今私が実践中の話し。
今まで毎日1万歩を歩く方法ばかりを、一生懸命考えていました(笑)

目標を下げたら、簡単にクリアできるし、持続力へと繋がっていくことを実感しています。

さて、今後はいかに持続していくかが大切!
また報告していこうと思います。

時間管理が苦手!と言う方は、今までの習慣を見直すことで、
改善していけることが良くあります。
今年こそは、時間を上手に使って、充実した毎日を送りたいと思っている方は、
1/13(金)の「時間管理術セミナー」にご参加くださいね(^^)/
詳しくは、下記をご覧くださいませ。

 

 

■なりたい自分になるための「時間管理術セミナー」

【日時】:2017年1月13日(金)10:00~12:00
【場所】:なでしこサロン 「船橋」駅徒歩5分
【受講料】:3,000円

詳しくはこちらから>>>

 

■ボイスマルシェのご案内■25分のお試し相談コースが、無料!

☑片づけを始めようと思うけど、どこから始めたらいいのかわからない。
☑やる気が起きないから、やる気スイッチを押してほしい!
☑講座を受けたけど、なかなか実行できない!
☑頑張ったから、ちょっと話を聞いてほしい!褒めて欲しい!そんなちょこっとしたお悩みは、ボイスマルシェで!
予約した時間に、電話で相談できます。
はじめてさんも安心!名前も電話番号もメールアドレスも秘密で相談できるシステムです。

💡只今キャンペーン中!💡
キャンペーン期間中にボイスマルシェへ新規会員登録(無料)の際、「お知らせメールを受け取る」を選択した方に、
ボイスマルシェでのカウンセリング予約・購入に使用できる、
税込3,240円分の仮想通貨(3,000マルシェフラン)をプレゼントします。
25分のお試し相談コースが、無料で受けられるこの機会をご利用ください。お申込みページはこちらから>>>
キャンペーン詳細はこちらから>>>

 

 

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
ポチッと応援、よろしくお願いします(^^)/

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ

ありがとうございました♡

 

今までアメブロでブログを書いていましたが、
こちらに引っ越しです。
過去の記事を読みたい方は、こちらへ

2017-01-04 | Posted in ブログ, 6. 時間の管理術No Comments » 

関連記事

Comment





Comment